唐辛子と大豆の組み合わせで薄毛が治る!?

いま、まことしやかに囁かれているお話しのひとつに、大豆製品と唐辛子を組み合わせると
薄毛防止に効果があるっていうのがあるんですよ。
あなたは聞いたことはありますか?

唐辛子に含まれるカプサイシンが運動と同様の新陳代謝を活性化させ、
大豆に含まれる植物性ポリフェノールが徐々にであるものの、薄毛が減っていくとのこと。
科学的な発表も先日行われたようですよ。

大豆と唐辛子の組み合わせなら、いろいろありますよね。
豆腐の味噌汁に一味を加えたものでもいいでしょうし、納豆と唐辛子を一緒に摂るのもアリ。
別に日々の食生活に気を遣えばいいわけで、サプリメントも必要ないし、
女性にも嬉しい、ダイエットにも効果的だっていうから尚いいですね。

ちなみに豆腐と言うのはアレンジの効く食材でもあって、便利なんですよ。
揚げ出し豆腐にしてもいいし、湯葉として食べるのもいいですね。
またはそのまま豆乳を飲むのもいいと思います。
そして、唐辛子に至っては豆腐とキムチを合わせて摂るのもいいでしょう。
麻婆豆腐なんてピッタリな料理だと思いますよ。

しかも大豆と唐辛子の組み合わせは1日1食でいいというから長く続けられますね。

私なんかは毛深くてかえって悩んでいる人なので、分けてあげたいくらいですが…
毛髪に対する悩みはみんな同じですものね。
なんとかしたいと切実に思うのは変わりありません。

でも、ストレスで薄毛になるってこともありますから、食べ物ですべてカバーできるとは限りません。
ストレス社会の現代だから、ストレス自体をなくすというのは無理にしても、
今よりもリラックスできる環境の方がきっと治りは早いのでしょうね。
なるべくなら薬に頼らず、健康的に薄毛と向き合っていただきたいと願っています。

Harg療法、ハーグ療法という対処療法を知っていますか?

皆さんはハーグ療法という治療法をご存知ですか?
私は初めて知ったとき、薄毛の治療もここまで進化したか!と思ったほどです。
ハーグ療法(Harg療法)とは、毛髪再生治療のことです。
頭皮に薬剤を注入し、薄くなってしまった毛髪を再生させます。
薄毛と言うと男性のAGA治療のイメージが強いですが、ハーグ療法は女性の薄毛にも効果的なんですって。

薬剤に関しては脂肪幹細胞から取り出した成長因子と、ビタミンやアミノ酸などを組み合わせたもので
乱れてしまった毛髪の生える周期を正常に戻す働きがあります。
ただ、若干の痛みを伴う場合があるし、施術に関してはトータル数十万もかかるので
慎重に検討した方が良さそうですね。

ただ、メリットとしてはアレルギー物質を含まないので、副作用の心配がないという事です。
だから女性にも安心してお勧めできます。
また、効果は個人差があるもので、絶対効くとは言い難いので、注意しましょう。
それに3ヶ月~8か月ほどの長期間通院せねばならず、忍耐強くなくてはいけません。

そして大切なのは病院選びも重要なポイントだということです。
失敗談を多く聞くハーグ療法ですが、なかなか名医にはたどり着けない印象ですね。
たちまち対応が悪いところに捕まってしまうと、効果は出ないわ、高額な治療費を請求されるわって感じで
泣きを見ることになりますから注意しましょう。
私の印象では女性よりも男性によく効く感じです。
でも実際は科学的根拠のない民間療法のひとつでもあるっていうから、
どこまで信じるかはその人によって変わってくるでしょう。

今は痛みのない薄毛治療もあるようですが、それって男性専門だったりするから、
女性には全く意味がないですし…なかなか平等に、とはいかないようです。