社会人になって落ち着いた髪型|やっぱり一番似合うものを続けたい

髪型はさんざん新しいモノをやってきましたが、結局自分には似合う髪型が見つけられなかったので、全く個性のない髪形になっています。

日本人は奇抜な髪型にしても似合わないですよね。

地味な髪型がいいよね。

金髪もブームになったけれども、金髪の似合う人もいません。

学生時代は変な髪型になっていても問題ないのですが、社会人になったら変な髪型になったら人格的にもよくありません。

地味なのが1番です。

女性は様々な髪の毛があるけれども、男はできる髪型の種類は多くはないのです。

結局は、いつも同じような髪型になってしまいます。

自分の友人は、何を考えたのか坊主にしたのです。

坊主は楽だから、おすすめと言っています。

自分も髪の毛のケアーは面倒かなとか思うのですが、坊主にする気にはなれないね。

もしも、自分が坊主になって会社に行ったら、みんなからも変な目で見られてしまうことでしょう。

友人は自営業で会社にいっていないから、他人の目も気にならないかもしれません。

髪型の印象は男性でも女性でも見た目に大きく関係してきますから、変な髪型にはしたくないね。

男性は床屋に行く方もいましたが、今は床屋には行かないで、美容室に通う方が大半になっています。

自分ももちろん美容室に行っています。

イケメンな男になりたかったら、床屋ではまずいよね!

この先も、今のままの大して楽しくもないおしゃれでもない髪型のままだと思います。

すごい髪形にしてみたいと思っても、できる環境にはないからです。

髪型のお悩みは抱えていても、似合う髪型にはできにくいものです。

オシャレに目覚めた高校生|整髪料やパーマ、いろんなものにトライしてみました。

若いときには、自分の見た目のことが非常に気になってきます。

髪型も気になって仕方がないのです。

おしゃれな髪型にしたくなってきます。

自分もさんざん整髪料やパーマ、いろんなものにトライしてみました。

金もかかったな。

バイトをして、少ない金額で何とかやりくりしてきたからです。

今になったら、平凡な髪型になっています。

女の子も10代の時には年中髪の毛を変えています。

友人の女の子も、年中髪型をいじっていたな!

髪の毛を変えたら、美人になれると思うのかもしれません。

大人になったら、好きな髪型にはできないから、若いときにはどんな髪型にもチャレンジしたらいいかもね。

整髪料やパーマ、いろんなものにトライしたら、中から自分に似合う髪型も発見できるでしょう。

髪型のことだけではないと思うのですが、若いときには何でもいいからおしゃれもやって、気のすむように経験をしたらいいですね。

聞いた話では、髪の毛も変なケアーを行ったら傷んでしまうので、髪の毛が傷まないように気をつけなくてはならないかも。

若いときに変なケアーをやったら、髪の毛が傷んで、そのあと髪の毛が抜けたりはげてしまうこともあると聞きました。

若い時期からはげたら、その後はどうしようもないから困ってしまうよね。

若い子に言いたいのは、どんな方法で髪の毛のケアーをやってもいいけれども、変な方法でやったら、大事な髪の毛が傷んでしまうことも覚えておいてほしいです。

若いときには、将来自分がはげるとかそういった危機感はないかもしれません。

けれども、やがてはあなたも年齢を重ねたら髪の毛がはげてしまうこともあるのです。

私の脱毛を救ってくれた育毛剤「マイナチュレ」!

何かと髪型にはこだわりを持って生きてきた私ですが、そんな私も一度ひどい脱毛症に悩まされてしまったことがあるのです。

それが社会人2年目のときのこと。

入社当時から私は事務職として働きてきたのですが、2年目に人事異動がありまして、私は営業部へと配置転換されたのです。特別人前でしゃべったり話をすることを得意とはしていなかったのですが、

「君はなかなか話が上手だね!」

「営業に向いているよ!」

と営業部長からなぜか気に入られてしまいました。。

それがキッカケで経理部から営業に人事異動になったのですが、生まれて初めての営業で毎日多大なプレッシャーとストレスを感じていたようですね。

それがキッカケで営業部に配置転換されてから半年くらい経過したとき、突如ものすごい勢いで髪が抜け始めてしまったのです。毎日朝起きると枕元にすごい量の髪が落ちていました。

え!?ウソでしょ!

と自分の中で思ったのですが、それは何も朝だけではなくて夜の洗髪でもシャンプーで髪を洗うと結構な量の髪が抜けてしまっているんですね。

本当にビックリしました。それがキッカケでまたストレスがたまったりして。。。

ストレスは体によくない。とはよく言われていますが、そうやってどんどん悪循環に陥ってしまうんですよね。

ヤバ!

どうしょう。。。

とにかく毎日焦っていたのですが、そんなときに出会った育毛剤マイナチュレ!

人から勧められた育毛剤だったので、最初は半信半疑だったんですけど、無添加で刺激も少なく
最大の特徴が女性用に作られたものとあって使ってみたんです。

育毛剤って男性が使用するイメージが非常に強いのですが、マイナチュレに関しては
完全に女性が使用するために製造、販売されているようでいろんなところに気配りがされていましたね。

刺激もほとんどないですし、パッケージもいかにも”髪”みたいなイメージもなく、非常に使いやすかったのを覚えています。

私の小学生時代の髪型・カットなどを振り返りますと・・・

小学生時代はどんな髪型になっていたかな?

自分では好きな髪型にはしなかったと思うのです。

親が言うままの髪型になっていたと思います。

みんなそうでしょう。

自分で髪型を決めるのは、中学生になってからですね。

子供の時には、髪の毛も洋服も親が言うものを着ていました。

自分は貧乏だったから、あまりいいものを着ていなかったな。

着るものにはお金はかけた生活をしていなかったから、おしゃれには関係ない生活でした。

近年では、小学生も高級な美容院に行く子が多くなっています。

10000円の美容院も人気でたくさんの子がきます。

親の見栄かな?

本人はよく分からないままに、親に言われるままの髪型になっているのでしょう。

小学生の時には、遊ぶことしか関心がないので、おしゃれとかもどうしたらいいのかよく分からないものです。

子供の時から、金をかけて美容院に行っても、意味ないと思いませんか?

最近では、おしゃれな子は小学生の時から髪の毛を染めたりしていますがそんなことをやって意味あるのかな?

まあ、親の考え方に子供は影響を受けてしまうものですから、髪型も親に言われるがままかもしれません。

やがて、自分では親に言われるがままのおしゃれでは嫌だ!

と気がつく日が来るのでしょう。