人種と毛の深さの関係性

実際に人種と毛の深さの関係についてですが、何よりも寒い地域に住んでいる人は、体毛が濃いというイメージがあります。体毛は身体を寒さから守る効果があるという考え方を持っている人も多いと思います。

日本には、古来より縄文人という人々が住んでいました。そこに弥生人と呼ばれている移民が訪れて、長い時の流れを経て現在の日本人が成り立っています。縄文人といえば堀が深く、目鼻立ちがはっきりしていて、逆に弥生人は全体的に凸凹が少なく、スッキリとした顔だちをしています。

毛の深さに関しても、縄文人の方が毛深いという印象がありますよね。日本の毛深さには、この縄文人と弥生人が関係していると言われています。日本で寒い地域といえば北海道や東北地方です。

北海道、東北地方には、比較的縄文人毛系統の遺伝子が多いと言われていて、毛深い人が多い印象があります。その反面で、温暖な地域の沖縄はどうなのでしょうか。寒さと体毛の理屈から考えると、沖縄は温暖な気候で毛深い人は少ないと感じる人も多いと思いますが、沖縄にも縄文系の遺伝子が多いと言われていて、毛深い印象があります。

毛深い事に対して、寒さと関係していると思っている人も多いと思いますが、寒さには関連性がないといえます。それよりも遺伝子の系統による影響や地域的な特性が大きく関係していると言われています。

実際に、毛は身体を守るためのものと言われていて、寒さに耐えるためだけでなく、昔は洋服などがなく、体毛で体を守ったり、温めたりしていたと言われています。しかし、今の時代は、洋服などを着るので体を守ることが出来るために、体毛の濃い人は深刻な悩みを抱えている人が多いようです。

実際に、今の時代は、便利な時代となっていますので、寒さも気軽にしのぐ事が出来るようになっていますし、暑さに対しても対応する事が可能となっていますが、昔の時代は、自分の体温や体毛でしか体を守ることが出来なかったのです。

今の時代は、体毛は必要ないとされて、脱毛などを行う人も多くなっているのですが、体毛にはそれなりの役割があるという事もきちんと理解しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です