男性に女性ホルモンを注入すれば、薄毛は治るのか!?

今の時代は、薄毛はホルモンの影響を大きく受けていると話題になっていますが、その状況でホルモンを注入する事により、薄毛を改善する事が可能なのでしょうか。実際に男性ホルモンと女性ホルモンでは違いがあります。

男が女性ホルモンを注入する事により、薄毛を改善する事が出来るのではないかと言われていますが、男性の主に睾丸から分泌されるテストステロンという男性ホルモンは、筋肉や体毛などに男らしい体を作る役割があり、男性にとって欠かす事が出来ないホルモンです。

しかし、男性の体には少しだけ、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されていて、女性の体も少しだけテストステロンが分泌されているのです。女性が妊娠した時に、体毛が濃くなったと感じる人は、エストロゲンの作用でエストロゲンには毛髪を発達させる作用があります。

男性が病院で女性ホルモンを注射してもらう事により、薄毛が治るかもと思っている人も多いと思いますが、女性ホルモンの注射は危険性が強いと言われているので、やめておくようにしましょう。

男性が女性ホルモンを注射する事により、具体的には体毛が減少したり、乳房が大きくなるなど体が女性化するだけでなく、肝臓が弱くなってしまうなどの副作用が出てしまう可能性も考えられています。

美容外科などでは、アンチエイジングなどの目的で、プラセンタ注射がおこなわれていますが、血流促進効果や男性ホルモンが過剰に分泌されるのを抑制する効果があり、頭皮の血流が悪いという事で薄毛になっている男性には、症状の改善に効果的となっています。

薄毛を改善する為には、5αリダクターゼの働きを抑制する必要があり、病院で治療を受ける事により働きを期待する事が出来る内服薬を処方してくれます。内服薬に含まれている主な成分は、フィナステリドで服用した人の8割程度が抜け毛がストップしたという数値もありますので、自分で原因を調べるのではなく、早めに病院へ行く事もお勧めできます。

実際に今の時代は薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多くなっているのですが、何よりもホルモンが大きく影響していると言われている反面では、日常の生活習慣なども大きく関係していますので、何より、日常の生活習慣の見直しを行ってみるようにしましょう。

今の時代は、不規則な生活を送っている人が多く、実際にホルモンが減少したり、ホルモンバランスが乱れてしまう原因としては、日常の生活が大きく関係していると言われています。実際に、ストレス社会となり、今の時代はストレスがないという人はいないとも言われているのですが、その中で自分なりの発散方法を見つけるようにする事もだいじです。

また、食生活についてもきちんと3食しっかりバランスよく食べているという人は少ない状態で、コンビニや冷食などで食事を済ませているという人もいます。それでは、体に必要な栄養を補う事が出来ず、薄毛を招いてしまう結果に繋がってしまいますので、男性ホルモンだけでなく、日常の生活習慣もきちんと改善していく必要があります。

男の薄毛に女性ホルモンを注入するという考え方ではなく何よりも、日常の生活習慣と同時にホルモンバランスを整える環境を作る事も大切になってくるという事を意識をするようにしましょう。

人種と毛の深さの関係性

実際に人種と毛の深さの関係についてですが、何よりも寒い地域に住んでいる人は、体毛が濃いというイメージがあります。体毛は身体を寒さから守る効果があるという考え方を持っている人も多いと思います。

日本には、古来より縄文人という人々が住んでいました。そこに弥生人と呼ばれている移民が訪れて、長い時の流れを経て現在の日本人が成り立っています。縄文人といえば堀が深く、目鼻立ちがはっきりしていて、逆に弥生人は全体的に凸凹が少なく、スッキリとした顔だちをしています。

毛の深さに関しても、縄文人の方が毛深いという印象がありますよね。日本の毛深さには、この縄文人と弥生人が関係していると言われています。日本で寒い地域といえば北海道や東北地方です。

北海道、東北地方には、比較的縄文人毛系統の遺伝子が多いと言われていて、毛深い人が多い印象があります。その反面で、温暖な地域の沖縄はどうなのでしょうか。寒さと体毛の理屈から考えると、沖縄は温暖な気候で毛深い人は少ないと感じる人も多いと思いますが、沖縄にも縄文系の遺伝子が多いと言われていて、毛深い印象があります。

毛深い事に対して、寒さと関係していると思っている人も多いと思いますが、寒さには関連性がないといえます。それよりも遺伝子の系統による影響や地域的な特性が大きく関係していると言われています。

実際に、毛は身体を守るためのものと言われていて、寒さに耐えるためだけでなく、昔は洋服などがなく、体毛で体を守ったり、温めたりしていたと言われています。しかし、今の時代は、洋服などを着るので体を守ることが出来るために、体毛の濃い人は深刻な悩みを抱えている人が多いようです。

実際に、今の時代は、便利な時代となっていますので、寒さも気軽にしのぐ事が出来るようになっていますし、暑さに対しても対応する事が可能となっていますが、昔の時代は、自分の体温や体毛でしか体を守ることが出来なかったのです。

今の時代は、体毛は必要ないとされて、脱毛などを行う人も多くなっているのですが、体毛にはそれなりの役割があるという事もきちんと理解しておく必要があります。

唐辛子と大豆の組み合わせで薄毛が治る!?

いま、まことしやかに囁かれているお話しのひとつに、大豆製品と唐辛子を組み合わせると
薄毛防止に効果があるっていうのがあるんですよ。
あなたは聞いたことはありますか?

唐辛子に含まれるカプサイシンが運動と同様の新陳代謝を活性化させ、
大豆に含まれる植物性ポリフェノールが徐々にであるものの、薄毛が減っていくとのこと。
科学的な発表も先日行われたようですよ。

大豆と唐辛子の組み合わせなら、いろいろありますよね。
豆腐の味噌汁に一味を加えたものでもいいでしょうし、納豆と唐辛子を一緒に摂るのもアリ。
別に日々の食生活に気を遣えばいいわけで、サプリメントも必要ないし、
女性にも嬉しい、ダイエットにも効果的だっていうから尚いいですね。

ちなみに豆腐と言うのはアレンジの効く食材でもあって、便利なんですよ。
揚げ出し豆腐にしてもいいし、湯葉として食べるのもいいですね。
またはそのまま豆乳を飲むのもいいと思います。
そして、唐辛子に至っては豆腐とキムチを合わせて摂るのもいいでしょう。
麻婆豆腐なんてピッタリな料理だと思いますよ。

しかも大豆と唐辛子の組み合わせは1日1食でいいというから長く続けられますね。

私なんかは毛深くてかえって悩んでいる人なので、分けてあげたいくらいですが…
毛髪に対する悩みはみんな同じですものね。
なんとかしたいと切実に思うのは変わりありません。

でも、ストレスで薄毛になるってこともありますから、食べ物ですべてカバーできるとは限りません。
ストレス社会の現代だから、ストレス自体をなくすというのは無理にしても、
今よりもリラックスできる環境の方がきっと治りは早いのでしょうね。
なるべくなら薬に頼らず、健康的に薄毛と向き合っていただきたいと願っています。

Harg療法、ハーグ療法という対処療法を知っていますか?

皆さんはハーグ療法という治療法をご存知ですか?
私は初めて知ったとき、薄毛の治療もここまで進化したか!と思ったほどです。
ハーグ療法(Harg療法)とは、毛髪再生治療のことです。
頭皮に薬剤を注入し、薄くなってしまった毛髪を再生させます。
薄毛と言うと男性のAGA治療のイメージが強いですが、ハーグ療法は女性の薄毛にも効果的なんですって。

薬剤に関しては脂肪幹細胞から取り出した成長因子と、ビタミンやアミノ酸などを組み合わせたもので
乱れてしまった毛髪の生える周期を正常に戻す働きがあります。
ただ、若干の痛みを伴う場合があるし、施術に関してはトータル数十万もかかるので
慎重に検討した方が良さそうですね。

ただ、メリットとしてはアレルギー物質を含まないので、副作用の心配がないという事です。
だから女性にも安心してお勧めできます。
また、効果は個人差があるもので、絶対効くとは言い難いので、注意しましょう。
それに3ヶ月~8か月ほどの長期間通院せねばならず、忍耐強くなくてはいけません。

そして大切なのは病院選びも重要なポイントだということです。
失敗談を多く聞くハーグ療法ですが、なかなか名医にはたどり着けない印象ですね。
たちまち対応が悪いところに捕まってしまうと、効果は出ないわ、高額な治療費を請求されるわって感じで
泣きを見ることになりますから注意しましょう。
私の印象では女性よりも男性によく効く感じです。
でも実際は科学的根拠のない民間療法のひとつでもあるっていうから、
どこまで信じるかはその人によって変わってくるでしょう。

今は痛みのない薄毛治療もあるようですが、それって男性専門だったりするから、
女性には全く意味がないですし…なかなか平等に、とはいかないようです。

社会人になって落ち着いた髪型|やっぱり一番似合うものを続けたい

髪型はさんざん新しいモノをやってきましたが、結局自分には似合う髪型が見つけられなかったので、全く個性のない髪形になっています。

日本人は奇抜な髪型にしても似合わないですよね。

地味な髪型がいいよね。

金髪もブームになったけれども、金髪の似合う人もいません。

学生時代は変な髪型になっていても問題ないのですが、社会人になったら変な髪型になったら人格的にもよくありません。

地味なのが1番です。

女性は様々な髪の毛があるけれども、男はできる髪型の種類は多くはないのです。

結局は、いつも同じような髪型になってしまいます。

自分の友人は、何を考えたのか坊主にしたのです。

坊主は楽だから、おすすめと言っています。

自分も髪の毛のケアーは面倒かなとか思うのですが、坊主にする気にはなれないね。

もしも、自分が坊主になって会社に行ったら、みんなからも変な目で見られてしまうことでしょう。

友人は自営業で会社にいっていないから、他人の目も気にならないかもしれません。

髪型の印象は男性でも女性でも見た目に大きく関係してきますから、変な髪型にはしたくないね。

男性は床屋に行く方もいましたが、今は床屋には行かないで、美容室に通う方が大半になっています。

自分ももちろん美容室に行っています。

イケメンな男になりたかったら、床屋ではまずいよね!

この先も、今のままの大して楽しくもないおしゃれでもない髪型のままだと思います。

すごい髪形にしてみたいと思っても、できる環境にはないからです。

髪型のお悩みは抱えていても、似合う髪型にはできにくいものです。

オシャレに目覚めた高校生|整髪料やパーマ、いろんなものにトライしてみました。

若いときには、自分の見た目のことが非常に気になってきます。

髪型も気になって仕方がないのです。

おしゃれな髪型にしたくなってきます。

自分もさんざん整髪料やパーマ、いろんなものにトライしてみました。

金もかかったな。

バイトをして、少ない金額で何とかやりくりしてきたからです。

今になったら、平凡な髪型になっています。

女の子も10代の時には年中髪の毛を変えています。

友人の女の子も、年中髪型をいじっていたな!

髪の毛を変えたら、美人になれると思うのかもしれません。

大人になったら、好きな髪型にはできないから、若いときにはどんな髪型にもチャレンジしたらいいかもね。

整髪料やパーマ、いろんなものにトライしたら、中から自分に似合う髪型も発見できるでしょう。

髪型のことだけではないと思うのですが、若いときには何でもいいからおしゃれもやって、気のすむように経験をしたらいいですね。

聞いた話では、髪の毛も変なケアーを行ったら傷んでしまうので、髪の毛が傷まないように気をつけなくてはならないかも。

若いときに変なケアーをやったら、髪の毛が傷んで、そのあと髪の毛が抜けたりはげてしまうこともあると聞きました。

若い時期からはげたら、その後はどうしようもないから困ってしまうよね。

若い子に言いたいのは、どんな方法で髪の毛のケアーをやってもいいけれども、変な方法でやったら、大事な髪の毛が傷んでしまうことも覚えておいてほしいです。

若いときには、将来自分がはげるとかそういった危機感はないかもしれません。

けれども、やがてはあなたも年齢を重ねたら髪の毛がはげてしまうこともあるのです。

私の脱毛を救ってくれた育毛剤「マイナチュレ」!

何かと髪型にはこだわりを持って生きてきた私ですが、そんな私も一度ひどい脱毛症に悩まされてしまったことがあるのです。

それが社会人2年目のときのこと。

入社当時から私は事務職として働きてきたのですが、2年目に人事異動がありまして、私は営業部へと配置転換されたのです。特別人前でしゃべったり話をすることを得意とはしていなかったのですが、

「君はなかなか話が上手だね!」

「営業に向いているよ!」

と営業部長からなぜか気に入られてしまいました。。

それがキッカケで経理部から営業に人事異動になったのですが、生まれて初めての営業で毎日多大なプレッシャーとストレスを感じていたようですね。

それがキッカケで営業部に配置転換されてから半年くらい経過したとき、突如ものすごい勢いで髪が抜け始めてしまったのです。毎日朝起きると枕元にすごい量の髪が落ちていました。

え!?ウソでしょ!

と自分の中で思ったのですが、それは何も朝だけではなくて夜の洗髪でもシャンプーで髪を洗うと結構な量の髪が抜けてしまっているんですね。

本当にビックリしました。それがキッカケでまたストレスがたまったりして。。。

ストレスは体によくない。とはよく言われていますが、そうやってどんどん悪循環に陥ってしまうんですよね。

ヤバ!

どうしょう。。。

とにかく毎日焦っていたのですが、そんなときに出会った育毛剤マイナチュレ!

人から勧められた育毛剤だったので、最初は半信半疑だったんですけど、無添加で刺激も少なく
最大の特徴が女性用に作られたものとあって使ってみたんです。

育毛剤って男性が使用するイメージが非常に強いのですが、マイナチュレに関しては
完全に女性が使用するために製造、販売されているようでいろんなところに気配りがされていましたね。

刺激もほとんどないですし、パッケージもいかにも”髪”みたいなイメージもなく、非常に使いやすかったのを覚えています。

私の小学生時代の髪型・カットなどを振り返りますと・・・

小学生時代はどんな髪型になっていたかな?

自分では好きな髪型にはしなかったと思うのです。

親が言うままの髪型になっていたと思います。

みんなそうでしょう。

自分で髪型を決めるのは、中学生になってからですね。

子供の時には、髪の毛も洋服も親が言うものを着ていました。

自分は貧乏だったから、あまりいいものを着ていなかったな。

着るものにはお金はかけた生活をしていなかったから、おしゃれには関係ない生活でした。

近年では、小学生も高級な美容院に行く子が多くなっています。

10000円の美容院も人気でたくさんの子がきます。

親の見栄かな?

本人はよく分からないままに、親に言われるままの髪型になっているのでしょう。

小学生の時には、遊ぶことしか関心がないので、おしゃれとかもどうしたらいいのかよく分からないものです。

子供の時から、金をかけて美容院に行っても、意味ないと思いませんか?

最近では、おしゃれな子は小学生の時から髪の毛を染めたりしていますがそんなことをやって意味あるのかな?

まあ、親の考え方に子供は影響を受けてしまうものですから、髪型も親に言われるがままかもしれません。

やがて、自分では親に言われるがままのおしゃれでは嫌だ!

と気がつく日が来るのでしょう。